ラ・カシェット

tel:075-341-2233

ラ・カシェットとは

ホーム > ラ・カシェットとは

お座敷フレンチ 「LA CACHETTE」

ビルの地下を覗けば、
そこは白木が映える純和風の空間。
和を取り入れた新感覚のフレンチです。
お箸でお召し上がりいただく気軽なスタイルも魅力の一つ。
旬の野菜やブランド国産牛、採れたての鮮魚を中心に、
西洋の料理法と日本のもてなしをゆっくりと、
じっくりと、ソースのように・・・煮詰め凝縮したお店です。

お座敷フレンチLA CACHETTE

客室案内

  • 純和風・白木の個室

    仄かな照明が灯る白木の個室は一日3組限定。
    襖と障子に仕切られた空間は、落ち着きと温かみがあり、特別な人と過ごす特別な時間に最適です。

  • 古都の風情を演出

    個室の一つ「庭の間」の庭園に施された演出を始め、
    店内の随所には、日本の情緒ある風景を意識した趣向を凝らしてあります。

  • 多様な空間使い

    少人数でのお食事会は勿論のこと、襖を外せば20名程度の宴席へと早変わり。
    庭園にはこの宴席を盛り上げる仕掛けもございます。

  • 庭間

    庭間

  • 中間

    中間

  • 奥間

    奥間

  • バーカウンター

    バーカウンター

別室

  • 欧風ワインセラーをモチーフにした別室

    レンガと石壁に囲まれた別室はランプ風の間接照明が揺らめく別世界。
    立食パーティやテーブルでのお食事を愉しみたい方へお薦めの空間です。

  • 別室

    別室

  • 別室2

    別室2

シェフ経歴

楠本章 Akira Kusumoto

20歳より料理界に入り、33歳で渡仏。
リッツホテル(パリ)の二ツ星レストラン『ESPADON(エスパドン)』にて修行を積む。
帰国後はリーガロイヤルホテル京都『フレンチダイニング トップ オブ キョウト』にて
スーシェフ担当、その後『鉄板焼 葵』でシェフをこなしながらマネージメントも担当。
2007年には日本鉄板焼協会の師範及び理事に就任。
2008年、熟達した腕と、和とフレンチの両方に冴える感性を活かし、
「LA CACHETTE」のシェフとなる。
暖かい人柄と旺盛なサービス精神で、既に多くの顧客を獲得し、リピーター率も高い。

シェフ

鉄板ダイニング

同じ建物内にある秘密の扉をあけると
そこには「鉄板ダイニング」の専用カウンターが…
旬の海の幸・山の幸、シェフが厳選する極上の黒毛和牛を
お客様のお好みに合わせて、楠本シェフが目の前で調理致します。
何度来店されても、その季節とシチュエーションで違ったお料理を
存分にお楽しみ頂けます。

鉄板ダイニング コース

ランチ
6,000円~
ディナー
12,000円~

※ お部屋は完全予約制とさせて頂いております。

075-341-2233

  • 入口
  • 石畳
  • 席
  • 席2

このページの上部へ